鉄フライパンのお手入れは?焦げたら綺麗に落とせる?洗剤はダメ?私はたわしじゃなくてハードスポンジ(ダイソー)使ってます。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

こんにちわちえちゃん(@abcdabcd4572)です

鉄のフライパンを11月に購入しまして、使い始めて三ケ月が経ちました!!

鉄のフライパンめっちゃい良いです!!!!

思い切って買ってみてよかった!!オムレツ超おいしいよ

とにかく焼き料理はめちゃくちゃおいしくできあがります!!鉄フライパンを買おうか迷っている方はぜひ一度買ってみるのをおすすめします^^

ところで鉄フライパンを買おうか迷っている方は、お手入れが大変なんじゃないか?というのを心配していると思います!

わたしも買う前は心配していました。++

そこで今日は実際に使っているわたしが、鉄フライパンのお手入れ方法をブログに書いていきたいとおもいます~!

鉄フライパンのお手入れは?焦げたら綺麗に落とせる?「ハードスポンジとキッチンペーパー」で楽々お手入れが可能です!

ダイソーのハードスポンジとキッチンペーパーが便利!

わたしの鉄フライパンのお手入れ方法

①フライパンが熱々のまま水をかける(シュワーーー!!!ってすごい音がします。)

②いったん汚れを流す

③ダイソーのハードスポンジで汚れを擦り落とす

④汚れを再度水で丁寧に流す

⑤水をフライパンいっぱいに入れて沸騰させる

⑥お湯を捨ててキッチンペーパーで拭く

 

焼き終わった後のあったつのフライパンに水をシュワーーー!!ってかけると、こんな風に油が浮いてきます(>_<)

始めて鉄フライパンを使った時、音にかなりびびったよ。笑

 

こいつを流して、汚れてる部分をハードスポンジでこすってあげます。

鉄フライパンがあったかい状態だと、つるんと綺麗にとれてくれます(*‘ω‘ *)

冷えてると固まるので、洗う前にあっためてあげたほうがよいですね。

 

さらに綺麗にした感が欲しいので、わたしは水を入れて、鉄フライパンで沸騰させています。

 

これでお湯を捨てて、キッチンペーパーで水気をしっかり拭いてあげればお手入れ完了です^^

水で塗れたまま放置すると、錆びの原因になってしまうから水気はしっかり取りましょう。

 

よく「たわし」を使うほうがいい!と聞きますが、「たわし」ってなんか奥の方汚れてる気がするので、スポンジ使ってます!

気軽に捨てられるダイソーのミニサイズのハードスポンジを使います~

2、3回使ったら、新しいのに変えるってな感じでわたしは洗っています。全然汚れもするりと落ちてくれますよ。

 

 

View this post on Instagram

 

. 今までスポンジを買う為だけにセリアへ行っていましたが、マツキヨでシンプルなスポンジ発見! . 使い心地はどうかなー? .

YUKOさん(@yyyuuu8383)がシェアした投稿 –

 

鉄フライパンは洗剤は使ったらダメってほんと?鉄フライパンを洗剤で洗っても意外と大丈夫

まず、「鉄フライパンは洗うのに洗剤は使わない。」というのはよく聞きますよね。

でも本当にそうなんでしょうか??

これは所説あるようで、洗っても良い派の人と、断固洗わない派の人に別れるようです。

どうして洗剤を使ってはいけないのか。というと、洗剤は鉄フライパンから油をきれいさっぱり落としてしまうから。なんですね。

鉄フライパンに油をなじませてコーティングすると、食材がくっつかずに綺麗に焼けるんですが、食器用洗剤を使ってしまうと、鉄フライパンにコーティングされた油がはがれてしまい、また一から油をフライパンになじませる必要があるのです。

 

どうして油でこーティングしないと鉄のフライパンは食材がくっついてしまうのか?というと、鉄のフライパンの表面は目では見えないですが、

無数に小さい穴が開いているんだそうです。

そのため、その部分に引っ付いて食材がこびりついてしまうですね。

お肉をがっつりやいた時、肉の油がすごい時、どうしても汚れている感じがして気持ち悪い時は、

わたしは洗剤で洗っています^^

「洗ったら鉄フライパンが使い物にならなくなる。」わけでは全然ないです!正直洗剤で洗ってもなんともないですよ。

しかし、洗った後に、新たに鉄フライパンを使う際に油返しの作業が必要になります。

これをしないと、まじでフライパンに食材がくっつきまくります・・・。

気を付けて( ;∀;)これでわたしは餃子がひどいことになりました。笑

しかし、二回目に焼いた餃子はきれいに焼けたので、やっぱり油ならしの作業をして油で鉄フライパンをコーティングする!っていう作業が必要みたいですね。

 

鉄フライパンのお手入れを楽にする「油返し」を毎回行ってあげよう!

 

調理を始める前に、いつも、油を入れて、一回熱して、フライパンから煙が出たら、油をキッチンペーパーで拭きとって。しばらくしてから普通に焼き始めると、くっつかないで綺麗に焼けるよ^^

くっつかないで焼けるので、ハードスポンジで汚れが落とせます^^

この油を入れて一回フライパンを熱する作業が「油返し」です!

「油返し」とは鉄フライパンに油をならしてなじませてあげる作業なのですが、フライパンに油をひいて熱するだけ。

フライパンから煙が上がるくらい熱くなったら、火をとめて、油をキッチンペーパーで拭きとり、まんべんなく油をフライパンになじませます。

 

すると、調理の時にフライパンに食材がくっつかなくなるんですね。

調理する前に癖にするだけだから簡単だよ^^

ずぼらなわたしにもできたよ

 

というわけで今日は鉄フライパンを使った時のお手入れ方法をまとめみました~!!

 

 

プロフィール

ゆるすご管理者の「ちえちゃん」です。
このブログはゆるく毎日を過ごすことをおすすめする雑記ブログです。