「めんどくさい」をどうにかしたい

スポンサーリンク

スポンサーリンク

こんにちわちえちゃん(@abcdabcd4572)です

日頃から「めんどくさい」が口癖の私。

色々やりたい事はあるのに、やり始めるということがなかなかできない。

やり始められても続けるのが難しい。

さらには

お風呂めんどくさい。寝るのめんどくさい。

布団からでるのめんどくさい。着替えるのめんどくさい。

顔洗うのめんどくさい。メイクするのめんどくさい。

ブログ書きたいけどめんどくさい。と日々のあれこれ全部が

あーーーーーーーめんどくさい。

ってなことでこんな私でもすぐに作業できるように今日はその関連の本を読んでみます。

 

加藤俊徳さんの「めんどくさい」がなくなる脳を読んでみました。

 

冒頭こんな感じに書かれています。

「朝、起きるのがめんどくさい。」なんと!私のことか!!

「会社(学校)に行くのが、めんどくさい。」また私のこと!!

「掃除・洗濯・家事がめんどくさい。」激しく同意!!

「人付き合いがめんどくさい。」そう!たまにならいいですが基本めんどくさいです。一人好きです。

「すぐに動けない自分はやっぱりダメな人間だ。」

そう!!!そうなんです!!!!

しかしその後この本ではこう教えてくれています。

「こんな風に思い悩んでる方は多いと思います。しかしそれはあなたのせいではありません。

実はすべて「脳のくせ」なんです。」

なんと!!!!めんどくさがりやって性格だと思っていたけど脳のくせなの?!

 

本の中には脳がどのような時に「めんどくさい」と感じるか書かれています。

眠い時、酸素が行きわたっていないとき、めんどくさい。と思うことが習慣となってしまっている時。

またか。という具合に脳は反復練習で覚え込んでしまう。とのこと。

体が疲れている時、空腹すぎて糖分が足りていない時にも脳は「もう働けないよ〜」となってしまうとのこと。

ふむふむなるほど!!

「めんどくさい」は感情ではないとのこと。

つまりめんどくさいとは自分の想いや心の現れではなく、脳がうまく働いていないんだなと

認識すれば良いという事。

なるほど。

あとはどうしたらめんどくさくなくなるか、脳にどのようにご褒美をあげていくかなど書かれていました。

 

そしてもう一冊、

鶴田豊和さんの「めんどくさい」がなくなる本という本も読んでみました。

なんとこの本の帯部分のキャッチコピー「本を読むのも「めんどくさい」あなたへ」と

書いてあります。私のことか。

まず「行動力」をあげるには「やる気」や「モチベーション」など必要ないと書いてくれています。

第1章で書かれている、まず「自分自信が決めたこと望んだことはなんでも実現できると」信じることが行動力につながるとかかれています。

たしかに、自分にはなんでもできるのだと思えば好きなことやりたいと思い描いてることは

自ら行動に移していきます。このブログもそうですが。

そこで夢に向かって行動し始めた時に邪魔しに入ってくるやつが「めんどくさい」という状態とのこと。

なるほど、そこで「めんどくさい」のどのように対処していくかを書かれています。

自分的に実践していこうと思ったことをメモ。

「こうすべきだ。こういうやり方でやるべきだ」を手放す。

めんどくさい発生のメカニズムを理解する。

これは本当に私がいつもやっていることが書かれていました。

まず「やらなきゃ」と思う→いろいろ考えてします→めんどくさい。と感じる

そう!この③ステップです!完全にいつもこのパターンだ!

例に書かれているのもまさしくそう!

「掃除しなきゃ」と思う→「掃除してもすぐにまた散らかってしまうしな」と考える→めんどくさい

改善策はまず「やらなきゃ」を極力なくすこと。

不得意、苦手、嫌いなことはなるべくやらなくても済むようにするとのこと。

食洗機買おうかな。

・「やらなきゃ」を減らす。

・「やらなきゃ」と思わないようにする。

・「やらなきゃ」と思っても色々考えないようにする。

・工夫してとにかく行動する。

これがこまかくどう実践していくかが書かれています。

「めんどくさい」と思ったことを紙に書く。などです。

 

自分の思い描く未来に近づけるように日々「めんどくさい」を排除して行動していこうと思いました。

そしてやっぱり考えすぎないこと。考えない力をつける。というのは目からうろこの考え方でした。

プロフィール

ゆるすご管理者の「ちえちゃん」です。
このブログはゆるく毎日を過ごすことをおすすめする雑記ブログです。