まにまに読んでから西加奈子さんが好きだ。大好きだ。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

こんにちわちえちゃん(@abcdabcd4572)です

最近西加奈子さんの「まにまに」というエッセイを読んだ。


シーンとしているおしゃれなカフェで読んだもんだから、

周りの人の目を気にしてしまい、

ゲラゲラ笑いたいところを必死で我慢して、

含み笑い、笑い殺しをしていたらどんどん面白くなってきて、読んでる間の休憩でトイレに行ったら

顔がニヤニヤした変な表情に固まっていた。

 

西さんの作品は「きりこについて」や「白いしるし」「あおい」など読んだことがあって、

どれも確か表紙の絵がかわいいなというぐらいで買ってたと思う。

 

アメトーークで若林が「サラバ」をお勧めしていてからずっと「サラバ」を読みたい!と気になっていた。

ちなみに「サラバ」はまだ読んでいないが。

エッセイを見つけたので読んでみるとこりゃあおもしろい。

もともと、こーゆー小説好きだなぁという程度だった西さんへの思いは、

「まにまに」を読み始めると、親近感と才能への憧れがぶくぶくと膨れ上がって

読み終わるころにはわたしは西さんのファンになっていた。

 

ちょこちょこ出てくる、とにかく褒められるとうれしい。誰かわたしを褒めてくれぇえええ!

のような感情に激しく同意するし、

「友人が褒めてくれないとき、わたしはほとんどはっきり友人を恨んでいる。」

というような表現が文中にあるけど、この表現がわたしは大好きだ。

 

「ほとんどはっきり恨んでいる」

 

ある!実にある!

この言葉が絶妙で大好きだ。

「ほとんど」という自分の中の「まぁ恨んでるけど、そこまで恨んではいないよ。」というニュアンスを入れているのに

そのあとの「はっきり」で「あ。やっぱ恨めしいわ。うんうん恨めしい。」みたいな開き直りが感じられていいなと思った。

 

ちなみに今日はまたエッセイの「ごはんぐるり」を読んでいる。

ごはんぐるり (文春文庫)をamazonで購入する

ぶよぶよの麺類なんて全然好きではないけれど、

やっぱりどこか親近感を感じてしまうし、これもまたおもしろい。

今日は「サラバ」を買って帰ろうか迷うところである。

 



プロフィール

ゆるすご管理者の「ちえちゃん」です。
このブログはゆるく毎日を過ごすことをおすすめする雑記ブログです。