はあちゅうさんと岸さんの記事を読んで

スポンサーリンク

スポンサーリンク

こんにちわちえちゃん(@abcdabcd4572)です

はあちゅうさんが電通時代のパワハラ、セクハラの証言をしてニュースになっていますね。
私は、はあちゅうさんのファンなので、BuzzFeed Japanの記事を見て、
純粋に、相手に胸くそ悪い奴だなという思いでいっぱいです。
告発のきっかけは被害にあった女性がこれ以上被害を出さないようにとの思いで立ち上がっている
MeTooというタグ

きっかけは、女優のアリッサ・ミラノさん。
10月15日、被害を受けたことのある女性たちに「Me Too(私も)」と声を上げるよう、
Twitterで呼びかけています。

こんな風に声をあげることって、とても勇敢だと思います。
特に女性という立場で被害にあったことは、知人にも相談しづらいことじゃないかな。

女性は共感する生き物だとなにかの本で読んだことがあるので、
こんな風に「私もそうだよ」「あなたの気持ちわかるよ」という思いに寄り添うことで
被害にあった女性の方も発言しやすくなるんじゃないかなと思います。

はあちゅさんと岸さんの件でいろいろ記事見てたら、
過去のはあちゅうさんの、2009年に書かれたブログ記事の中に岸さんのこと書かれてるものがあって、
そのときもその人に嫌悪感を感じていたとしたら、この記事を書くもの屈辱的だっただろうなと思います。

平々凡々な私は電通という会社自体2015年の過労自殺の事件で知りました。
テレビ好きな自分にとっては、こんな会社がCMを作ってて、それで今まで笑ったりしてたんだ
と悲しい気持ちになったことを覚えてます。

「寝る時間も惜しまず、仕事するべき!
上司、クライアントの言うことは絶対。」
という会社の洗脳を毎日毎日受けていたら、そりゃ精神もおかしくなりますよね。
はあちゅうさんの証言記事にある
「体も使えないのか?」や
「広告業界では生きていけなくなるぞ」という脅しの数々には本当に言われたことを想像すると
苦しい思いでいっぱいになります。
岸さんの謝罪コメント

彼女を傷つけたことを現時点では強く認識しております。
現時点ではと書かせて頂いた理由は、当時は(8年前だと思いますが)、私の認識や理解が未熟で、
後輩への指導とハラスメントの境界が、正しく認識できていなかった為です。
ここ数年、自分がハラスメントや差別問題に興味を持ち、学んでいく過程で、
自分が過去に人を傷つけていたことに気づきました。
今頃にしか気づけなかったことは、大変恥ずべきであり、情けなく、ただただ申し訳なく思っております。
今更ではありますが、自分の言葉でお詫びをすべきだと考え、
Facebookのメッセンジャーで謝罪をした次第です。

この文章を見る限りではそんなに頭のおかしい人ではないのかなという印象です。
傷つけたほうは忘れても傷ついたほうはずっと覚えてると思うし、
7年前ということで、人の考え方も変わっていくと思うし、
この人は極悪人だ!みたいなことにはできないと思うのですが、
7年もこのことで苦しんでたはあちゅうさんを考えるとつらかっただろうなと思います。
今回のことを告発することで、今被害にあっている人や、
過去に被害にあったことのある人の勇気になるといいなと思いますし、
はあちゅうさんの過去に苦しめられていた気持ちが少しでも救われるといいなと思っています。

プロフィール

ゆるすご管理者の「ちえちゃん」です。
このブログはゆるく毎日を過ごすことをおすすめする雑記ブログです。